任意整理後にクレジットカードはいつから作れる?ブラックリストの掲載期間

任意整理をしたときのクレジットカードの扱いは例外事項が多いため少し複雑です。
インターネット上には様々な情報が交錯しているため、どの情報を信じていいのかわかりにくいですよね。
ここでは任意整理におけるクレジットカードの扱いについてわかりやすく紹介します。

 

 

任意整理前に持っているカードを残すことはできるか?

任意整理後のクレジットカード

任意整理は債務整理する対象を選ぶことが出来るため、特定のクレジットカードだけ債務整理しなければクレジットカードを使い続けることができる。
そんな話を聞いたことありませんか。それは正しくもあり、間違いでもあります。

 

確かに債務整理の対象外にしてしまえば、そのクレジットカード会社には債務整理を行ったという連絡は行きません。
そのためクレジットカード会社は債務者が債務整理をしたと言う情報を知るまではクレジットカードの使用を止めることはありません。

 

ただし、クレジットカードの更新をするタイミングや、与信情報のチェックをしているクレジットカード会社はそのチェックのタイミングで債務整理の情報を知ることになります。
このタイミングでクレジットカードの使用を止められることになります。

 

いつからいつまで作れないのか?

任意整理後のクレジットカード作成

クレジットカードを作れない期間については任意整理の流れを知っておく必要があります。

 

まず債務者が弁護士や司法書士に任意整理の依頼を行います。次に弁護士や司法書士が金融機関に対して、受任通知を送ります。
金融機関は受任通知を受けて信用情報機関に債務整理の情報を登録し、そこから弁護士や司法書士と金融機関の話し合いが始まるのです。
そして和解が成立すると返済が始まります。

 

弁護士や司法書士に依頼してから和解成立までが任意整理中になり、実質的には任意整理が始まった段階でクレジットカードは作れなくなります。

 

クレジットカードを作れなくなるのは金融機関が信用情報機関に債務整理の情報を登録したタイミングからになります。
この信用情報機関に債務情報が残る期間は登録から5年になります。
クレジットカード会社がどの時点で登録するかはわかりませんので、和解が成立し返済が始まってから(任意整理後から)5年間はクレジットカードを作ることはできないと考えておきましょう。

 

ただし信用情報機関のひとつCICでは、任意整理前に3ヶ月上の延滞を行っていた場合に、借金の完済から5年間は事故として記録が残ることになります。
この場合は借金をすべて返し終えた後(任意整理後)から5年間はクレジットカードを作ることが出来ません。

 

まとめると、任意整理前に3ヶ月以上の延滞がない場合は、任意整理後から5年間はクレジットカードを作ることができず、3ヶ月以上の滞納がある場合は、返済が終わってから5年間はクレジットカードを作ることが出来ません。

 

任意整理後、5年以内に審査が通る可能性

クレジット会社の判断次第

任意整理を行って5年以内であってもクレジットカードの審査に通るパターンがいつかあります。
どのパターンでも大前提として、任意整理を行ったあと借金が完済していることが条件になります。
借金が完済していればクレジットカードの審査を通すクレジットカード会社がいくつかあります。
これはクレジットカードを作る人の収入が安定している職業に就いているような場合に、クレジットカード会社によっては「もう大丈夫」と判断してクレジットカードの審査を通すような場合があります。

 

もうひとつ、そもそもブラックリストに載っていないというパターンもあります。
どういうことかといいますと、任意整理を行った結果過払いが発生していた場合は、本来ならする必要のない任意整理を行ったということになります。
このため、任意整理を行ってもブラックリストに載っていないため、任意整理後5年以内であってもクレジットカードを作ることが可能になります。

 

自分の信用情報を調べる方法

クレジットカードを作ることができるかどうかの基準はまず信用情報機関にどのようなステータスになっているかを知っておく必要があります。
調べる信用情報機関はJICC(日本信用情報機構)、CIC、JBA(全国銀行個人信用情報センター)の3つになります。

 

それぞれの信用情報機関に開示請求を行うことで自分の信用情報を調べることができるのですが、開示請求方法は信用情報機関によって変わってきます。

 

JICCは開示窓口と郵送での開示請求に対応し、CICは開示窓口と郵送、ネットでの開示請求に対応しています。
JBAは現在郵送のみの開示請求になります。開示にかかる手数料は500円?1000円になります。

 

開示請求が出来るのは本人だけですので、本人以外が開示の申請を行う場合は法定代理人、もしくは本人の委任状が必要になります。

 

過去に任意整理の対象になったカードは再び作れるか

非常に難しい

任意整理後、5年経過したとしても任意整理を行ったクレジットカード会社のカードを再びつくることは非常に難しくなります。
同じクレジットカードだけではなく、クレジットカード会社のグループ系列内では「社内ブラック情報」というものを共有しているため、例えばみずほ銀行系のクレジットカードを任意整理した場合はみずほグループにおいてクレジットカードを作ることが難しくなります。

 

100%絶対に作れないわけではないため、インターネットに「任意整理対象になったカードを再び持てた」という情報が載ることがありますが、それは例外中の例外だと考えましょう。

 

家族カードを作ることは可能か?

任意整理をしたとき、クレジットカードの家族カードの扱いはどうなるのでしょう?まず夫の名義で妻が家族カードを持っていたとします。
この場合、家族カードはそのまま使えることがほとんどです。
信用の有無は名義主である夫にかかってきますので、任意整理したのが妻でも子でも使用停止になることはありません。

 

ただしクレジットカードの更新のタイミングで、クレジットカード会社が与信判断を行った行った場合は、家族カードが使えなくなることもあります。

 

家族カードの本契約者が任意整理した場合は、もちろん配偶者や子どもが持っている家族カードは使えなくなります。

 

それでは任意整理した人のために家族カードは新規に発行できるのでしょうか?

 

この場合は基本的に、任意整理した人を対象とした家族カードは発行出来る場合はほとんどです。
家族カードの発行にはほとんど審査がないため、基本的に発行できるのですが、それでも100%発行できるわけではないことは頭に入れておきましょう。

自分の借金がどれくらい減るかわかる

街角法律相談所では、匿名で複数の事務所に相談することができます。

相談の回答はメールで受け取ることができるので、電話がかかってくることもありません。


  • 自己破産がいいのか、任意整理がいいのかまだ迷っている
  • 誰に相談して良いかわからない
こういった方は、一度試してみるといいですよ。

相談者の中には、自己破産せずに、約530万円の借金が減額された人もいます。

借金減額の成功事例をチェックする

関連ページ

任意整理中に滞納するとどうなる?自力での借金返済が困難な場合
実現可能な返済計画で返済していたのに、急な病気やケガで払えないという事が起こることもあります。任意整理後の滞納は、和解内容の無効となってしまい、困りますよね。任意整理後の滞納について詳しく説明していきます。
2度目の任意整理は可能?過去に債務整理歴がある場合の借金返済
任意整理をしたけれども、任意整理をしていなかった借金の任意整理がしたいと考える人もいると思います。一度、任意整理をすると2回目はできないのでしょうか。1度目の任意整理をする人も気になりますよね。2度目の任意整理について詳しく説明します。
任意整理すると、取立てはどうなる?督促がストップするまでの流れ
精神衛生上よくない取り立てですが、任意整理をすると取り立てが止まることになります。では、任意整理をすると取り立てはどのようなタイミングで止まるのか説明していきます。
任意整理中に借金したらどうなる?借金完済後に借りられるところ
任意整理後の返済中であっても急な出費でお金が必要になることだってあります。任意整理後の返済中に借金することは可能なのでしょうか?答えは法的には問題ないが現実的には借りるのが難しいです。任意整理後の借金について詳しく説明していきます。
任意整理後に委任契約は解除できるか?債務整理をやめたい場合など
月々の借金返済額が多すぎてなかなか返せない。借金返済額が少しでも少なくなれば返すことができるのにと思っている人は多いと思います。任意整理で再度返済計画を立て直せば完済しやすくなります。任意整理の手続きについて説明していきます。
任意整理成功のポイントは?失敗するケース、依頼を断られる場合
任意整理は自己破産と違って債権者との交渉になります。借金生活を立て直すのが最大の目的ですが、弁護士や司法書士によって結果が変わってきます。任意整理の成功と失敗・依頼が断られる場合を詳しく説明していきます。
任意整理できる条件は?借金を整理したくてもできない場合もある
任意整理は全員ができるものではありません。それは、任意整理の目的は債務者と債権者が話合い完済できるように再度、返済計画を立て直すことだからです。任意整理しても返済の目処が立たないのなら意味がありません。任意整理ができる条件解説します。
任意整理に必要な年収と返済能力。専業主婦、バイト、パートの債務整理
任意整理をするには返済の目処が立たないとできません。お金を借りるときと同じで任意整理がなかなかできない属性の人もいます。任意整理の条件の基本的な考え方と任意整理がなかなかできない属性の人を紹介していきます。
任意整理とおまとめローンはどちらが良いか?返済能力や状況から判断する
月々の借金返済額が多すぎてなかなか返せない。借金返済額が少しでも少なくなれば返すことができるのにと思っている人は多いと思います。任意整理で再度返済計画を立て直せば完済しやすくなります。任意整理の手続きについて説明していきます。